ローカルPCのphpからメール送信をテストしたいケースはよくありますが、実運用ならまだしもわざわざテストのためだけにSMTPサーバをインストールするのは敷居が高いです。

現行のxampp1.8.1のphp.iniでは

sendmail_path = "C:¥xampp¥mailtodisk¥mailtodisk.exe"


が有効になっていて、説明だとC:¥xampp¥mailoutputフィルダに書き込まれるとなっていますが、どうやっても確認出来ませんでした(汗


ということで、xampp標準装備のsendmail.exeを使うように変更してみます。sendmail.exeのコメントアウトを取り除き、mailtodisk.exeをコメントアウトします。

 

; XAMPP: Comment out this if you want to work with fakemail for forwarding to your mailbox (sendmail.exe in the sendmail folder)
sendmail_path = "¥"C:¥xampp¥sendmail¥sendmail.exe¥" -t"

; XAMPP: Comment out this if you want to work with mailToDisk, It writes all mails in the C:¥xampp¥mailoutput folder
;sendmail_path = "C:¥xampp¥mailtodisk¥mailtodisk.exe"


あとは、C:¥xampp¥sendmail¥sendmail.iniを編集して送信設定を行います。GMailのアカウントを利用するならこんな感じで(書き替える部分だけ抜粋)。

 

 

smtp_server=smtp.googlemail.com

smtp_port=465

auth_username=(GMailのアカウント)
auth_password=(GMailのパスワード)

hostname=(送信元として名乗るホスト名:指定しないとPC名になる)

 

 

 

2018/08/31追記

 

#mailtodisk.exeの名誉のために付け加えておきます(汗

 

現行のxampp(7.2.0)でmailtodisk.exeを使ったところ、送信結果がちゃんと xampp/mailoutput にロギングされていました(というか、mailtodisl/readme.txt にそう記載されていました)。以前、確認したときは見落としたのかな(いやきっとそうでしょう)。

 

関連する記事
コメント
コメントする